岡崎市のスポーツ専門パーソナルトレーニング|メディカルコンディション

電話番号0564-73-6661
メニュー

ブログ

2019/10/16

アスリートのボディメンテナンスを助けるツール【先着4名様】

こんにちは。

メディカルコンディションのスポーツケアとコンディショニング担当のトレーナーMasaです。

ポカリスエットの大塚製薬からこの様な商品が出ています。

”BODY MAINTE/ボディメンテ”(1つ¥300)

今、いろんな分野で注目されている乳酸菌。

特殊な乳酸菌でコンディションを整え、病気をガードするものです。

大塚製薬さんのデータですが下記の様なデータがあります。

アスリートは適度な運動をしている人や運動習慣がない人と比べて風邪をひきやすいというものです。

免疫には第一段階の粘膜免疫と第二段階目の全身免疫があります。

第一段階目の粘膜免疫は体内に病原菌を入れないようなバリアの役目をします。

このバリアとなる粘膜を強くし、抵抗力を高めていくのが乳酸菌を含んだこの製品。

実際に摂取するとプラセボ群と比べた結果でも風邪のリスクが低下するそうです。

また、最近はアレルギーにも良いという実験結果が出たそうです。

病気や風邪が流行しやすいシーズン。

試合や大会が近いとか、

トレーニングが過酷という方達に「いいかも!」と思い情報提供させていただきました。

断っておきますが、大塚製薬の回し者ではないです(笑)

MCのクライエントさんで、このブログを見てくださっている方で先着4名様に。

 1ヶ月分無料で差し上げます!! 

欲しい方はご連絡くださいな。

2019/10/13

スポーツメンタル 体の姿勢と感情のコントロール

おはようございます。

メディカルコンディションのスポーツケアとコンディショニング担当のトレーナーMasaです。

陸上短距離選手のMくんのお話です。

最初はグロインペイン症候群様の痛み(股関節や骨盤周囲の痛み)があり来院されました。

熱心に動作改善のためのエクササイズをしてくれたおかげで、

1ヶ月ぐらいで競技に復帰することができました。

症状が回復しタイムが狙える状況になってきた頃、

新たに問題を抱えていて、トレーナーに相談してくれました。

記録会や大会時に緊張して、脚がチグハグで体が硬直してしまい、

うまく走れなという現象が常に起こるようになりました。

Mくんは極度の上がり症だということがわかりました。

このままだとイップス(精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、

突然自分の思い通りのプレー(動き)や意識が出来なくなる症状のこと)にもなりかねない。

私は以前から勉強していたスポーツメンタルをペーパー資料にして、

現在、改善プログラムを施しています。

また結果を報告しますね。

 

アプローチ方法について、1つの事例をわかりやすくNHKで紹介していたのでここに記しますね。

精神状態は身体の状態に左右されることが近年の研究でわかってきました。

今までは精神状態は身体に現れるという事をよく言われてきましたが、

この逆で身体の状態によって精神状態が変わるというものです。

悩んでいたり怒れたりしても下記の図の様にうつむきでいると、

ネガティブな気持ちが増幅されてしまいます。

しかし、楽観的な体勢でいると気持ちが晴れてきて、

ポジティブになり悩みや怒りはおさまる傾向にあります。

かなりの即効性があるので取り組んでみてください。

ただ、これを一時的なものにせず習慣にしなければなりません。

MCでは、スポーツに対してのメンタルトレーニングを少しずつ体系化させています。

練習や試合・トレーニングに対して合わせたプログラムを作成しています。

同じ様な悩みがある方は一度相談ください

 

2019/10/09

消費者還元事業登録のお知らせ

おはようございます。

メディカルコンディションのスポーツケアとコンディショニング担当のトレーナーMasaです。

消費者還元事業者として登録しました。


※Paypayは普段バーコードはついています。

この消費者還元は2019年10月の消費税増税と同時に打ち出されたもので、

まだ知られていない方々が多いかと思います。

僕自身、消費者としてサービスや物品を購入する時には有効に使わせてもらっています。

なぜなら国の政策でキャッシュレス決済により支払い価格の最大5%の還元がポイントとして受けることができます。

僕としては現金でやりとりした方がスムーズで助かるのですが、

クライエントさんとしては少しでも負担がかからないかと思い登録させていただきました。

消費者還元事業特典が使えるのは、このマークが目印。

皆さんも何か物を買う際、有効に使ってみてはいかがでしょうか。

使われる際は御気軽に申し出てくださいね♬

2019/10/05

腰椎椎間板ヘルニアに対する痺れ・痛みの改善ポイント!?

おはようございます。

メディカルコンディションのスポーツケアとコンディショニング担当のトレーナーMasaです。

改善が難しいとされているヘルニア症状の1つ、痛みと痺れ。

以前、ヘルニア症状の1つでもある痺れへのヒントで改善したケースがあり、

紹介させていただきました。

同時期に来られた腰椎椎間板ヘルニアの競艇選手。

似たような症状を有していたため同じように自宅で取り組めるエクササイズを処方させていただきました。

今回も同じく、MC特有のストレッチを行なった結果、

骨盤前傾を保ち股関節の可動域を出すことができました。

その結果、痺れ症状が改善しました。

骨盤を前傾し腰椎の生理的湾曲(本来ある湾曲のこと)させると、

痺れ症状はやはり改善しそうです。

もう、現場の中で少し考えを深めてみてみます。

ヘルニア症状に悩んでいる方、

トレーナーやセラピストの先生方でヘルニア症状へのヒントとして上げさせていただきました。

少しでも健康的に動ける人が増えればと願っています。

ビバ、ヘルスケア!!

2019/10/01

増税についてのお知らせ

おはようございます。

メディカルコンディションのスポーツケアとコンディショニング担当のトレーナーMasaです。

本日から消費税が10%になりますが、

MCでは据え置きとさせていただき9月と同じ価格でサービスの提供をさせていただきます。

トレーニングやボディケア等のセミナー料金の高騰化もあり価格を見直そうかと思いましたが、

お世話になっている皆さんのおかげでここまでやってこれました。

特に今の所、既存のクライエントさんの値上げはするつもりはございません。

今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

2019/09/29

身体の使い方をアスリートと語り合う

おはようございます。

メディカルコンディションのスポーツケアとコンディショニング担当のトレーナーMasaです。

金曜日、最後のクライエントさんのコンディショニングを終えた後に、

ZOOMというインターネット電話のソフトを使って選手とミーティングを行いました。

遠く離れたところでも選手と顔を合わせて会話ができる、本当に便利になってきましたね。

内容は体調について、身体の使い方について話し合いました。

スノーボードやサーフィン、スケートボード等いわゆる横ノリ競技についてです。

”こんなトレーニングについて手応えがあった”

”足や股関節の使い方を変えると雪面や波に乗りやすい”

という報告を受けたり、

”フォームを少し改良しようと思うが、トレーナーから見て合理的なのか?”

”足の感覚を養うのに良いトレーニングはないだろうか?”

と質問を受けることもありました。

詳しい内容は話すことはできませんが、とても有意義な時間となりました。

彼は元日本代表選手ということもあり運動センスはバツグン。

理論や理屈を超えて身体の感覚を研ぎ澄ませた選手だからこそ、わかる感覚があると思います。

 

最近、新規の方の予約が増えています。

例年とは違い夏前の問い合わせは今年少なかったです。

秋口になって急に増えています。

人間にも季節的な習性やバイオリズムがあるのでしょうか。

なんだかとっても不思議な感覚です。

予約が取り辛くなっていますが、

スポーツや運動の秋ということもあり、

そろそろ夏の疲労が抜けてきた頃だと思うのでガンガン体を動かしていきましょうね。

2019/09/25

スケボーの膝の痛み

こんにちは。

メディカルコンディションのスポーツケアとコンディショニング担当のトレーナーMasaです。

また、新たにスケートボードの少年が来院されました。

前回のスケボー少年同様に膝の同じ部分の痛みです。

膝のおさらである膝蓋骨の下側と上外側の部分の痛み。

これはスノーボードやサーフィンも含め横ノリ競技の特性ですね。

MCでは動作分析をしています。

オーリー(蹴り上がり)時の姿勢から問題がありますが、

ジャンプ着地後の膝と股関節と足首の使い方に異常があります。

ジャンプ着地後は股関節がうまく曲がらず、

膝を大きく曲げる傾向にあり内側に入ります。

そしてつま先が外側に向き、

足首の可動性を失わせて内側のアーチを潰す傾向にあります。

専門用語ではいうメディアルコラプスのようになっています。

足首と股関節を機能的に改善させて、

膝にとっていい環境を築き早期復帰を目指します。

2019/09/20

アメリカンフットボール選手とのモーニングセッション

こんにちは。

メディカルコンディションのスポーツケアとコンディショニング担当のトレーナーMasaです。

先日、名古屋のアメリカンフットボールチーム、

Xリーグサイクロンズ”所属の選手が来院されました。

Shoくんです。

そう、

彼は自由です。

海外でのアメフト経験が豊富ということもあり、海外ナイズされているということもありますが。。。

なんせ僕に慣れていますから(笑)

彼が学生時代、僕が整形外科勤務時代にアスレティックトレーナーとしてリハビリを担当していたので、

出会ってすでに10年ほどの縁でしょうか。

今ではトレーナーと選手の関係でもありますが、

将来の事を相談を受けたりする仲でもあります。

スポーツ選手にとってはルーティンは大切だとは思っています。

ケアからトレーニングまで行い、

最後はモーニングをきっちりいただいて帰るSho。

彼お得意のいつもちゃっかり奢ってもらうルーティンです。

身体だけじゃなく、きっと将来大物になると思う!

これからも応援しているぞ!!

2019/09/17

トレーナーの治療家

メディカルコンディションのスポーツケアとコンディショニング担当のトレーナーMasaです。

土日月と連休をいただき、岐阜の方まで家族旅行に行ってきました。

先週の仕事の忙しさと育児と旅疲れもあり、

連休終盤は身体のいたるところが悲鳴をあげていました。

子供を抱きかかえては、腰と首に違和感を感じていました。

旅の帰り際、岐阜にある僕の信頼できる治療院の先生のところに行ってきました。

古民家で鍼灸治療が受けられる”はり・きゅう・あんま・まさ治療院”です。

院長はとっても変わっていますが、(僕もたいがいですが・汗)

とても心優しく性格が施術にも現れています。

国家資格者であり安心安全に受ける事ができます。

トレーナーが身体を壊してしまっては皆さんに説明がつかないですからね。

痛みや違和感は身体からの警告。

身体の声を聞き取り、いつも自分自身に向かい合い磨きをかけていきたいと思います。


帰り道。アパレルブランドのパタゴニアのロゴのような景色。

夕焼けを眺めながら子供たちとの時間が終わってしまう寂しさもありましたが、

身体がスッキリしていて翌日からの活力を感じていました。

定期的なメンテナンスはやはり大切なんだと実感。

今後ともトレーナーもセルフでメンテナンスしながら、

武道にスポーツに勤しんでいきます!!

2019/09/14

スケーターのリハビリ

メディカルコンディションのスポーツケアとコンディショニング担当のトレーナーMasaです。

2020東京オリンピックで公式種目となったスケートボード。

ここのところスケートボードする少年たちが増えたのか、

いっきに2人来院されはじめました。

スキー・スノーボードのトレーナーとして活動していましたが、

若干動きが変わってくるため勉強しなおしです。

2人ともに足首や膝が悪く、

走ることや歩く事、座っている状態でも痛みが出てしまい、

日常生活まで支障をきたし始めたとのことです。

膝や足首等の怪我、姿勢の悪さから考えて共通する部分が2人にはたくさんあるため、

そのスポーツ特有の競技特性というものでしょうか。

改善点がたくさんありました。

 

自身の体に向き合いコンディショニングやケア、リハビリに時間を注いでくれるため、

ほぼ競技を休まずに復帰。

今では練習中も痛みがないぐらいまで回復しました。

現在、外でアスレティックリハビリテーション(スポーツ選手専門のリハビリ)を行なって、

怪我のリスクを減らすような動き習得の段階です。

要望通り競技を休ませる事なく練習を継続しつつ治療を進めて行く事は、

クライエントさんの協力があれば可能な事が多いです。

競技ができる喜びを忘れずに、

痛みが無くなっても自身の身体に向き合いセルフエクササイズはやり続けて欲しいものです。

2019/09/10

チームS

メディカルコンディションのスポーツケアとコンディショニング担当のトレーナーMasaです。

週末に体操のコーチ陣とクライエントのSさんのお誘いで、

大会の”お疲れ様会”を行いました。

体操の競技成績では日本トップの経験まであるコーチ。

すごいチームですわ。

普段、話す事ができない内容まで聞く事ができて、

とても有意義な時間となりました。

コーチからの見方とトレーナーからの見方。

それぞれの意見と考えを確認する事ができました。

よって体操の競技特性や競技を見ただけではわからない選手の問題点まで浮き彫りになった気がしました。

ミーティング内容を活かし、

来年の大会、今後の体操ライフをより良い状態でサポートできたらと思います。

 

トップコーチからの刺激もあり、

僕の心の中ではさらに勉強意欲が増し、

週末のセミナーや勉強会に申し込みました。

早速、学んで動いて実践していきます。

みなさん、お疲れ様でした!!

2019/09/07

体力測定項目の向上

メディカルコンディションのスポーツケアとコンディショニング担当のトレーナーMasaです。

お盆開けて涼しくなってきたと思ったら、また暑くなってきましたね。

寒さが戻る時は、寒の戻りと言いますね。

暑さの場合は暑の戻りとでも言うのでしょうか。

国語能力が低い僕にはわかりません(笑)

 

今、警察試験を受ける方がいらしています。

要望としては体力測定の項目を1つ1つ伸ばしていきたいとのことでした。

この暑い中ではありますが、

リスク管理のためにウォーミングアップは室内で行い、

十分に給水した上でシャトルランの測定を河川敷にて行いました。

数字的な記録の他に動きの分析まで行い、

よりスムーズに結果を出す方法を提示するのがアスレティックトレーナーの仕事です。

改めて動画分析ソフトを使って、クライエントさんにフィードバックしていきます。

 

体力測定は学校の体育の成績に反映されたり、

アスリートの体力要素を測る目的で使われたり、

プロテストや試験でも評価の1つとされていますね。

体力テストの項目を伸ばすことが目的の1つではありませんが、

目標の1つとして結果を出してもらいますよ〜(笑)