岡崎市のスポーツ専門パーソナルトレーニング|メディカルコンディション

電話番号0564-73-6661
メニュー

ブログ

2021/07/29

お盆休みのお知らせ

こんにちは。

コンディショニング担当のトレーナーMasaです。

 

高校生の夏の大会が終わりつつあります。

少し、一息つけるかと思いきや・・・

オリンピック白熱していますね!!

金メダルラッシュ!!

スポーツイベントも再開されて、

MCトレーナー陣もまた忙しさが出てきました。

 

お盆休みをお知らせいたします。

8月12〜15日の4日間、

お盆休みに致します。

皆さんも水分摂取をこまめに取り、

暑熱対策を施し、

最高の夏にしましょうね!!

2021/06/10

娘の怪我を機に・・・

こんにちは。

 

コンディショニング担当のトレーナーのMasaです。

 

本日、お二人遠方から来られるという事もあり初めて日曜日に仕事しました。

 

先日こんな事がありました。

 

トランポリンで着地に失敗し、娘の手がダラリ。

 

泣いたまま腕が動きません。

 

夜中も泣いていたので救急外来へ。

 

原因はわからず。

 

固定外した後も腕がダラリと。

 

日常生活でも右腕を使わず。

 

私のところに連れてこられる、スポーツ選手を抱えた親御さんの気持ちがわかりました。

 

動ける時はなるべく対応したいと思います。

 

最近はドイツの徒手療法を学びかなり痛みに強くなりましたが、

 

まだまだ完璧ではありません。

 

もっともっと勉強して能力を向上させていきたいと思います。

 

2021/06/25

③ファスティングの効果・スポーツ選手には重要な内容

愛知県岡崎市にあるボディケアジム、 あなたの夢の実現を全力でサポートする Medical ConditioN(メディカル コンディション)のアスリートトレーナー・パフォーマンス向上担当のMatchです!

 

今回は前回からの続きでファスティングをすることによってどんな効果が体にあるのかを紹介していきたいと思います。

 

5、脂肪の燃焼によって脂肪毒が放出される

脂肪細胞の中にはウィルスや病原菌が潜むほか、有害なサイトカイン(細胞間情報伝達分子)として代表的なものを挙げると、①TNFアルファ:糖尿病になりやすいアンジオテンシノーゲン:高血圧になるパイワン(PAI-1):血栓ができる、などがあります。

これらがファスティングにより脂肪細胞から出て、小便や大便として排出されます。この時、好転反応が起こることがあります。

 

6、デトックス

日常生活では体内で作られる酵素の約80%は消化に使われていますが、ファスティング中は消化酵素を使わないので代謝酵素にエネルギーを使うことができます。代謝の働きによって汗をかいたぐらいでは排出できない細胞内に入ってしまった有害なミネラルなどをを細胞外に排出し、血液中にでた有害ミネラルは尿などで排泄され体の中がどんどん美しくなっていきます。

 

7、細胞の修復スタート

タンパク質は皮膚や筋肉、臓器ホルモンや酵素など、体を構成する種類は10万種以上あります。細胞の中にはひとつひとつに傷ついた所を探して修復するHSP(ヒートショックプロテイン)が備わっています。

どうしても修復できない場合はアポトーシスに導き、マクロファージが処理します。このタンパク質を総合的にサポートすることを分子シャペロンと言います。ファスティングによりHSPは増加し、傷ついたあらゆる細胞を活発に修復します。

 

 

8、肺をきれいにする

呼吸は生命のもっとも基本的な活動ですが、ファスティングは肺の細胞を修復し酸素の供給をスムーズにします。酵素が体内をたくさん巡ることでひとつ一つの細胞が活気づきエネルギーを生み出す力が大きくなります。

 

 

まだまだ説明したい効果があるのでまた次回に説明させてもらいたいと思います!

 

 

 

 

 

【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りと健康をサポートします。あなたの専属パーソナルトレーナーとして生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。怪我や痛みからの復帰・改善を専門としているアスレティックトレーナーです。スポーツ専門トレーナーとこの地から世界へ本気で目指しているアスリートを応援します。愛知県岡崎市Medical ConditioN(メディカルコンディション)

 

《メニュー》 スポーツコンディショニング、スポーツ整体、スポーツマッサージ、パーソナルトレーニング、ランニングやマラソンの動作分析、インソール(足底板)、大会帯同、専属トレーナー

 

 

444-0205 愛知県岡崎市牧御堂町水洗41−2 ☎0564-73-6661

2021/06/17

②ファスティングの効果

愛知県岡崎市にあるボディケアジム、 あなたの夢の実現を全力でサポートする Medical ConditioN(メディカル コンディション)のアスリートトレーナー・パフォーマンス向上担当のMatchです!

 

 

今回はファスティングが身体にどのような反応を起こすかを説明していきたいと思います!

 

一度に全部説明すると多くなりすぎるので数回に分けて説明していきたいと思います。

 

1、お腹がなる

人を始め、あらゆる哺乳類動物の小腸の入り口には食べ物センサーがあり、食事が流れてこないと小腸はモリチンという消化ホルモンを出します。このホルモンは胃を収縮させることによって、まだ胃に残っているかもしれない食べ物を小腸に送ろうとします。これを空腹期収縮といって、お腹がなることの正体です。

 

2、若返りスタート

モリチンで胃を絞り出しても何も食べ物が流れてこなければ、胃からグレリンというホルモンが分泌されます。

このグレリンは食欲を出させる働きがあります。それと同時に脳の下垂体というところに働き、成長ホルモンを分泌させます。この成長ホルモンこそ若返りホルモンと言われており、体を若返らせてくれます。

 

3、サーチュイン遺伝子のスイッチオン(断食から約12時間後以降)

サーチュイン遺伝子は延命遺伝子、長寿遺伝子とも呼ばれ、空腹の状態で活性化し、体中の遺伝子の傷んでいるところを修復してくれます。老化も癌も遺伝子の以上が原因と言われています。

長寿遺伝子の主な働き:①活性酸素の除去②代謝のコントロール③遺伝子の修復④テロメアの安定化

 

4、内臓脂肪燃焼(断食から2〜3日後、血液の正常化スタート)

どんなに運動しても優先的に使われるのは筋肉内のグリコーゲンといわれる糖で、内臓脂肪はなかなか使われません。しかしファスティングではグリコーゲンを使った後使われ始めます。しかもその時に脂肪細胞から奇跡のホルモンが分泌されます。それがアディポネクチンというホルモンです。アディポネクチンは体中の血管を掃除して体を若返らせてくれます。

 

 

他にもいろいろ反応が起きるのですが、残りは次回以降に紹介したいと思います。

 

今回はファスティングをすることによって、さまざまなホルモンが働くということがなんとなくわかってもらえれば大丈夫です!

 

それでは次回をお楽しみに!!

 

 

 

【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りと健康をサポートします。あなたの専属パーソナルトレーナーとして生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。怪我や痛みからの復帰・改善を専門としているアスレティックトレーナーです。スポーツ専門トレーナーとこの地から世界へ本気で目指しているアスリートを応援します。愛知県岡崎市Medical ConditioN(メディカルコンディション)】

 

《メニュー》 スポーツコンディショニング、スポーツ整体、スポーツマッサージ、パーソナルトレーニング、ランニングやマラソンの動作分析、インソール(足底板)、大会帯同、専属トレーナー

 

 

〒444-0205 愛知県岡崎市牧御堂町水洗41−2 ☎0564-73-6661

2021/06/11

①ファスティングの概要

愛知県岡崎市にあるボディケアジム、 あなたの夢の実現を全力でサポートする Medical ConditioN(メディカル コンディション)のアスリートトレーナー・パフォーマンス向上担当のMatchです!

ファスティングとは

 

今回から数回にわたってファスティングについて紹介していきたいと思います!

 

ダイエットのためのファスティング、スポーツ選手のためのファスティングの方法などについて紹介していく予定です。

 

まず1回目の今回はファスティングとは何かについて書いていきます。

 

ファスティングは古くから多くの宗教で修行の一環として行われてきたり、抗議手段(ハンガーストライキ)のために行われたり、また最近ではデットクスなどのために行われてきました。

 

ファシティングは日本語に訳すと断食を意味します。断食という言葉は本来食を断つという意味で使われます。

 

しかし最近のファスティングはさまざまな目的と意味が複合しているので従来の断食とは少し異なった意味で使われています。

 

ファスティングは現代では主にダイエットを目的に行われることが多いですが、その他にも体の毒素を出すためのデトックスや、減量のためでなく体質改善を目的としても行われています。

 

最近検診が義務付けられているメタボリック対策の一環としてもファスティングは行われるようになりました。

 

飽食の現代では身体にいいものを取り入れ、よくないものを外に排出する、デトックスすることは健康な生活を送るためには必要不可欠なことだと言えます。

 

 

現代におけるファスティングの目的は大きく分けて二つになります。

1、ダイエットと食の見直し

食を断つということは確かに体重を落とすことができますが、間違ったファスティングは健康被害の可能性が高くなる可能性があります。

例えば水だけのファスティングや、一種類の果物や野菜を使ったファスティングでは、身体活動を行うためのエネルギーが足らず一時的に体重は落ちるものの、ファスティングをやめるとリバウンドする確率がかなり高いファスティングになる可能性があります

 

2、デトックスと使われていなかった体の働きをオンにする

食生活の欧米化やストレス、運動不足などが重なり、上手にデトックスができていない人が多くなってきています。

体内に毒素が溜まると栄養の吸収率も下がり、体や肌にも悪影響を与えます。

また体内では有害な毒素が一時的に溜まっても体は正常に働きますが、長期間毒素を溜め込むことによって徐々に病気になっていくものも多いのが毒素の怖いところになります。

そのため定期的にファスティングを行い腸内環境を整え、上手に必要な栄養素を吸収できる体づくりと、体内の毒素を排出することもファスティングの目的の一つになります。

 

 

これらの目的を安全に達成できるように、無理な断食をするのではなく正しい知識をもった上で正しいファスティングを行いましょう。

 

そのための知識を今後お伝えしていきたいと思いますので、ファスティングに興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

 

次回はファスティングで身体がどのような反応を起こすのかについて説明したいと思いますので、お楽しみに!

 

 

 

 

【スポーツ選手・一般の方々と目標と感動を共有し、動きやすい体作りと健康をサポートします。あなたの専属パーソナルトレーナーとして生涯現役生活と一生スポーツを目指しコンディショニングを行っています。怪我や痛みからの復帰・改善を専門としているアスレティックトレーナーです。スポーツ専門トレーナーとこの地から世界へ本気で目指しているアスリートを応援します。愛知県岡崎市Medical ConditioN(メディカルコンディション)】

 

《メニュー》 スポーツコンディショニング、スポーツ整体、スポーツマッサージ、パーソナルトレーニング、ランニングやマラソンの動作分析、インソール(足底板)、大会帯同、専属トレーナー

 

 

〒444-0205 愛知県岡崎市牧御堂町水洗41−2 ☎0564-73-6661

2021/05/29

病院や接骨院で教えてくれない早期回復のコツ、ポイント

病院や接骨院では教えてくれない怪我などの早期回復のコツ、ポイントを紹介したいと思います!
 
多くの痛みは筋緊張やアライメント不良、血流不良が原因になっている事が多いです。
 
病院や接骨院はこれに対して、マッサージや電気などでアプローチしますが、当院ではゆらし療法でこういった問題に対応します。
 
このゆらし療法は器具や強い刺激を用いずに、身体が心地良いと感じるような刺激で全身にアプローチし、心身共に安心感を与えるような手技になっています。
 
ただ、そういうのはメディカルコンディションに行かないとできないと思っている方達に朗報です!
 
なんと今回はご自身で簡単にできるセルフケアを紹介したいと思います!
 
今回紹介するのは、足の浮腫みや筋肉痛などにもオススメの、ふくらはぎのケア方法をお伝えします!
 
やり方
1、座った状態で片方の膝を立てる
2、ふくらはぎを両手で包み込むように把持する
3、下腿が内旋(つま先が内側に向く方向)するように軽く捻る
4、2、3呼吸捻った状態を維持し、元に戻す
5、手の位置をずらして同じように行う
6、下腿の上中下の3箇所行う
 
 
いかがでしょうか?簡単にやれて、終わったとはふくらはぎが軽くなった感じがすると思います!
 
ふくらはぎだけでなく、前腕にも同じようにできるので、肘や手首などの痛みでお困りの方は試してみてはいかがでしょうか?
 
ただ注意点としましては、痛みや不快感が出るようなら無理して行わないようにしてください。
あと、最初の二行目に血行不良と書きましたが、血液が栄養を運ぶ唯一の器官。
血流改善が改善への一番の近道になります。
RICE処置と言われる安静・アイシング・圧迫をすると確実に回復が遅れます!!
内科でも同じく炎症止めは痛みを抑えるが、回復を遅くなるのは覚悟で医師は処方するようです。
カナダで一緒にトレーナーをしていた内科医のTake医師が言っていました。
整形分野はまだ教科書にのっていて、回復が遅れることを知らずに行っているのです。
他にも当院で治療を受けていただいた方にはセルフケアの方法や体の使い方のアドバイスをさせてもらっているので、なかなか痛みが引かずに辛い思いをしている方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください!
実例はこちら⬇︎

2021/05/24

現役ファイターが指導するボクシングジム

こんにちは。

コンディショニングとボディメンテナンス担当のトレーナーMasaです。

K-1の加藤久輝選手が遊びにきてくれました。

現役選手として活動しながら、岡崎市もしくは安城市にジムを出すようです。

現役K-1 ファイターが指導するジムなんて本当に少ないですからね。

特に県内ではまずないでしょうね。

きっと本格的なジムになると思います。

開業時はお邪魔して取材したいと思います。

2021/05/22

スケートボード少年の捻挫&打撲の症例

こんにちは。

コンディショニングとボディメンテナンス担当のトレーナーMasaです。

生きております!!

人間ドックで初めて引っかかり、その後仲良くさせていただいているクリニックで大腸カメラをやりました。

仲良くしているがためにカメラをお尻から入れるのは恥ずかしかったですね。

とても仲がいいといえど、選ばないといけないですね。

僕は潰瘍性大腸炎を患っています。基本的には根治はできないと言われています。

潰瘍性大腸炎は癌のリスクもあるため検査結果がとても不安でしたね。

とおもったらなんと、ものすごく綺麗な状態で「潰瘍性大腸炎が本当にあったの?」と言われるぐらいでした。

トレーナーMasaの中身。

まー綺麗!!毎日、酵素を飲んで腸活をしているためでしょうか。

本当に安心しました。

 

さて、今回はスケートボード少年の捻挫&打撲の症例についてです。

仕事は絶好調です!!

痛みがサクサク取れます。

症例についても徐々にあげていきますね。

2021/05/03

股関節のスポーツにおける重要性

愛知県岡崎市にあるボディケアジム、

あなたの夢の実現を全力でサポートする Medical ConditioN(メディカル コンディション)のアスリートトレーナー・パフォーマンス向上担当のMatchです!

今回は股関節が柔らかく使えるようになることで、

スポーツでどのようなメリットがあるのかを紹介したいと思います。

まず股関節の可動域が大きくなることによって様々なスポーツでの動きを大きくすることができるのでパフォーマンスアップにつながります。

しかし股関節が硬いと、他の関節で動きを補おうとするので無理な負担がかかってしまい、

最終的に怪我につながりやすくなってしまいます。

また股関節は野球やゴルフなどのスイング時の体の回旋動作にも重要な役割があります。

回旋動作時に腰椎は5度程度しか可動域がないのに対し、胸椎は35度、頚椎は45〜50度の可動域があり、

ここに股関節の回旋運動が加わることによってスイング動作ができます。

もちろん股関節だけでなく、胸椎などの動きも重要になりますが、

股関節が硬いとうまく下半身の力を上半身にまでつなげることができずに本来のパワーを出すことができません。

柔軟性に加えて、股関節周囲の筋力強化をすることにより、

スイング時に重心がブレずに安定したスイングを行うことができるようになります。

この柔軟性・筋力強化を同時に行えるのが開脚になってきます!

【前後開脚編】

 

【左右開脚編】

開脚ストレッチは股関節やハムストリングの柔軟性を向上し、股関節周りの筋力強化にもなるのでおすすめです😁

股関節が硬い人はぜひ開脚ストレッチを行って可動域、筋量向上を目指しましょう!

2021/04/09

【ゴールデンウィークのお休み】

こんにちは。

ボディメンテナンス担当のトレーナーMasaです。

ゴールデンウィークはみなさん、いかが過ごすご予定でしょうか。

コロナ禍ということもあり、

家でゆっくりとされる方も多いかもしれませんね。

僕はおそらく家にいても、

子供たちと一緒にひたすら日光に当たっていると思います。

 

さて、メディカルコンディションは以下のように赤丸の日がお休みに決まりました。

 

暦通りになります。

よろしくお願いします。

【5月までのスケジュール】
月曜日、木曜日、土曜日の午前
トレーナー安藤担当

火曜日、水曜日、金曜日、土曜日の午後
トレーナー松永担当

となります。
よろしくお願いします❗️

2021/02/17

クレアチンの効果について

こんにちは。

スポーツ選手のコンディショニング兼パフォーマンスアップを担当しているトレーナーのマッチです。

トレーニングやスポーツをしている方で、

サプリメントを飲んでいる方はクレアチンという名前は見たり聞いたりしたことがあるかと思います。

今回はクレアチンについて紹介していきたいと思います。

クレアチンは主に肝臓で生成されます。

また肉や魚に豊富に含まれます。

クレアチンは普段骨格筋内にクレアチンリン酸として蓄えられており、

エネルギー代謝で重要な役割を持っています。特に短時間の高強度エクササイズ中に機能しています。

クレアチンリン酸の蓄えが枯渇すると高強度の運動を行う能力は低下します。

なので高強度の運動を行う際はクレアチンをしっかりと蓄えておくことが高いパフォーマンスを発揮する上で重要になってきます。

クレアチンの典型的な摂取方法は、

ローディングとして1日20〜25gを5日間、

そのあとは維持量として1日2g摂取するという方法です。

クレアチン摂取をやめると約4週間でクレアチン濃度が初期値に戻ります。

クレアチン摂取は他にも疲労の減少や、

トレーニング後の回復促進によってトレーニングの改善にも役立ちます。

注意点としては、長期のクレアチン摂取は通常体重の増加があります。

体重が増える理由としては、クレアチン摂取により細胞内の水分含有量が増加するからです。

クレアチンを摂取する人というのは大体筋肉量を増やしたかったりなど体重増加を望んでいることが多いので、

そこまで気にする必要はないのかなとお思います。

パワー系の競技をしている方などは上手くクレアチンを摂取して、トレーニングの質を高めていってください!

2021/02/13

腸内環境を整えてパフォーマンスアップ

こんにちは。

スポーツ選手のコンディショニング兼パフォーマンスアップを担当しているトレーナーのマッチです。

今回は腸内環境が整うとパフォーマンスも向上することについて書きたいとお思います。

腸内環境とはその名の通り腸の中の状態のことを言います。

腸の主な働きは体に入ってきた物の消化吸収と、病原体から体を守る免疫機能になります。

最近の研究で腸でビタミンCなどが僅かに生成されるといことが分かりましたが、これは今回は置いておくとします。

体の免疫機能の約60%は腸管に存在し、腸内環境の状態が良いほど免疫力が向上すると言われています。

これがどういうふうにパフォーマンスに関わってくるかというと、まず試合前などは緊張やストレスがつきものです。

試合前のコンディションから腸内環境を正常に保ち、腹痛や下痢などの体調不良につながらないように普段から腸のコンディションを整えておくことが大事になってきます。

また腸管の調子が悪いと練習などに必要なエネルギーが十分に供給されなかったり、

疲労回復に必要な栄養素やエネルギーも吸収されにくくなってしまい、結果的にパフォーマンスの低下やメンタル面での不調にも繋がってきます。

なので普段から食事などに気をつけて腸内環境をいい状態に保っておくことが高いパフォーマンスを発揮するのに大切になってきます。

清涼飲料水や洋菓子などはなるべく控えて体の内側からコンディションを整えていきましょう!

1 / 2112345...1020...最後 »