岡崎市のスポーツ専門パーソナルトレーニング|メディカルコンディション

電話番号0564-73-6661
メニュー

ブログ

2018/11/29

クイーンズ駅伝2018

メディカルコンディションのケアとコンディショニング担当の安藤です。

始まりました。

クイーンズ駅伝2018!!

TBSで放送されています。

MCでサポート選手が出場しています。

駅伝をまじまじと見るのは初めてですね。

サポートしている選手が出ていると、

競技の見方も変わってきます。

トレーナーもなぜかどきどきしています。

頑張れN選手!

がんばれ地元企業!!

2018/11/28

マラソンとトライアスロンの選手

メディカルコンディションのケアとコンディショニング担当の安藤です。

寒くなってきました。

冬に近づくにつれて、陸上長距離シーズンに入ってきます。

MCでは 続々とクライエントさんの成果が出ています。

トライアスロンの女子選手では、

大阪マラソンに出場しサブスリーを達成しました。

そして自己ベスト記録。

この選手は最近、トライアスロンの国際大会でも3位に入るほど実力の持ち主です。

まだまだ試合があり伸び代がある選手なので、

今後も全力でサポートしていきます。

 

続いて、初めてマラソンに挑戦するランナーたち。

先週末、メディカルコンディションのある岡崎でマラソン大会がありました。

”第50会岡崎マラソン”

クライエントさんで大会に出場する選手は多かったですね。

岡崎マラソンはアップダウンが激しく、

走り続けるには過酷なコース設定になっています。

その中でも初めてマラソンにトライし、

完走を果たした挑戦者が二人います。

おめでとうございます。

ダイエットのためにも、

デトックスのためにも、

続けることで将来の健康への投資になります。

がんばっていきましょう!!

2018/11/25

駅伝トレーナーのセミナー

メディカルコンディションのケアとコンディショニング担当の安藤です。

2018年11月24日土曜日に、

主催させていただいているConnecTreatのセミナーを初めて浜松で開催しました。

今回の講師は東洋大学駅伝部のトレーナー、

赤塚元先生に講義をお願いしました。

整形外科勤務時代、僕の先輩でもあります。

今回の講義内容は、

現場でのトレーナーの立場、

監督やコーチとの関わり方、

選手からのニーズ、

駅伝や陸上長距離選手に多い障害発生パターンを講義していただきました。

また、腰椎椎間板ヘルニア選手へのアプローチ方法を実技を交えて教えていただきました。

大変、気持ちがアツくなる講義、素晴らしい学びをありがとうございました。

 

今回でコネクトリートの2018年下半期のセミナーは最後となります。

幹事のみなさん、お疲れ様です。

今年一年、ご協力ありがとうございました。

来年はますますパワーアップさせていきますよ!!

2018/11/22

筋力肥大はスポーツには直結しないが、効率がいい体の使い方はスポーツに直結する。

メディカルコンディションのケアとコンディショニング担当の安藤です。

先日、来られた海外帰りのアメフト選手がせっかく名古屋からきてくれたということもあり、

一緒に食事をしに行くことになりました。

そこにトレーニング担当のマッチトレーナーが合流しました。

となると恒例の腕相撲になります。

ここ最近、マッチトレーナーが腕相撲で負けたところは見た事がありません。

以前にもこのアメフトのShoichi選手にも勝っています。

アメリカのアスリートが集まる有名なEXOSというトレーニングジムで、

フリーウェイとやファンクショナルトレーニング・体幹トレーニングをこなし、

以前より一段と体の大きくなったShoichi選手。

向かうは競輪とソフトボールの国体選手だった横綱ばりの貫禄を出しているマッチトレーナー。

またもや、腕相撲をすることになりました。

 

結果は写真の通りですぐに決着がついてしまいました。

なんどもトライしても、条件をつけても結果は同じでした。

腕相撲は筋力だけじゃなく、

体軸、アライメント、技術、ポジションで決まります。

腕よりむしろ体軸が重要だったりします。

マッチトレーナーは元アスリートということと、

トレーニング担当のトレーナーということもあり体の使い方がとても上手です。

トレーニングをしていても上手に力が発揮できなかったり、

筋肉に効かすことをしてしまいがちです。

運動やスポーツでは筋肉に効かすような事はしないはずです。

本来、スポーツは筋力を使ったり大きくするよりも、

いかに身体をうまく効率的に動かす事できるかが重要です。

それができているかできていないかで、

競技能力は決まってきます。

また能力開発やパフォーマンスアップのアドバイスがとても上手なマッチトレーナー。

一度、腕相撲に自身がある方は挑んでみてください!!

 

2018/11/20

怪我からの復帰

メディカルコンディションのケアとコンディショニング担当の安藤です。

昨日、実業団駅伝のアスリートが来られました。

今週末、11月25日に宮城県仙台市で、

第38回全日本実業団対抗女子駅伝が開催されます。

その選手は参加資格を手に入れて喜んでいました。

 

その理由もそのはず。

6月には疲労骨折と足首の痛み。

最近は成績も不振で、レギュラー入りを果たせていませんでした。

来院当初は動作分析の結果、

姿勢と動作の崩れがあり、

歩いている時でも左右への体のブレがありました。

ブレは前への推進力への妨げになります。

その結果、下肢へのストレスが高まり疲労骨折を起こしているのだとわかりました。

このパターンだと休養して痛みを取るだけでは、

運動を始めるとまた再度痛みが繰り返し出ます。

トレーナーから処方したトレーニングやエクササイズはたくさんありました。

彼女は的確かつ忠実に行っていました。

医師の競技復帰への許可が出ると、

トントン拍子でパフォーマンスが向上し記録が伸びて行きました。

その結果、レギュラー入りを果たす事ができました。

苦しかったと思いますが、持ち前の負けん気と根性でよく頑張られたと思います。

本当におめでとう!!

名前は明かせませんが、これからも彼女のランニング人生を全力でサポートしていきます。

トレーナーはテレビで見守っています!!

2018/11/18

アメリカ、オーストラリア、ドイツで活動していたアメフト選手

トレーナーのMasaが学生時代から診ていたアメリカンフットボール選手が来院されました。

今回の目的はシーズン中は多忙だった様で、

通常選手の出場回数よりも多かったそうです。

今回の来院目的は、酷使した体に対してのコンディショニングです。

・体軸は崩れて、力の出力が低下傾向

・多くの関節に可動域制限

・動作分析上、右踏み込み足、左蹴り足と大きく左右差があり

アメフトの競技特性上でしょうか。

衝突が多い競技ためか、至る所に不規則な筋膜の硬さがありました。

これらの条件が揃うと、やはりパフォーマンスを低下させてしまいます。

徹底的にメンテナンスを行わせていただきました。

ケア後は、痛みもなくなり動きも改善されました。

体が軽い!と喜んでいただきました。

 

彼は今年9月までドイツで活動していた選手です。

すでに、アメリカやオーストラリアで最先端のトレーニングや練習を積んで、

日本では後輩の育成にも携わっています。

来期からは今人気の高まっているメキシコに渡るそうです。

益々楽しみな存在です。

愛知県から世界に活躍の場を広げる選手がこれからも出てくると面白いですね。

今後の活躍をお祈りしています!!

2018/11/15

運動やスポーツに特化したパーソナルケア

岡崎市にあるメディカルコンディション代表トレーナーの安藤です。

アスリートのためのパーソナルトレーニング専門サイトを立ち上げさせていただきました。

スポーツによる運動による”痛みや姿勢、動作を変えたい方”お任せください。

トップアスリートや学生スポーツ選手、シニアアスリートまで、

競技レベルや年齢層に関係なく対応させていただきます。

大会が近いので疲労を除去し体を軽くしておきたい。

パフォーマンス向上のためのトレーニングプログラムもございます。

ご相談も受け賜ります!!

16 / 16« 先頭...1213141516