岡崎市のスポーツ専門パーソナルトレーニング|メディカルコンディション

電話番号0564-73-6661
メニュー

ブログ

2018/12/16

ハイパーグロース

メディカルコンディションのスポーツケアとコンディショニング担当のトレーナーMasaです。

先日、名古屋で身体や健康にまつわる仕事をしている方々が全国から集結し、

発表会がありました。

トレーナー、インストラクター(フィットネス・ヨガ・ピラティス・他グループ指導者)、ボディーワーカー、セラピスト、理学療法士、整体師、柔道整復師、鍼灸師、栄養士等、
職種はさまざま。

発表者の方々からはさまざまなアイデアや発想を言葉にし、

熱意と共にアツい感動を受けました。

こうしてアイデアや発想、目標を宣言すると方向性がしっかりしてきますよね。

感化されて僕自身もビジョンがしっかり描けるようになってきました。

近々、来年の目標を表明したいと思います。

 

今回ハイパーグロースカンパニーという言葉を初めて耳にしました。

急成長した会社のことです。

アメリカだとグーグルもその一つのようです。

同じく急成長した会社が日本に唯一1社あります。

今回はその方の講演も聞いてきました。

 

ハイパーグロースカンパニーになるためには、

動くスピードがものすごく早いです。

行動力以外にも、説明力、想像力、決断力、

このあたりも合わせて表明し、実現させていきたいと思います。

三河地域の方々の身体意識を高め、健康は僕らが守ります。

 

2018/12/14

10年目のセラピスト・トレーナーの勉強会

メディカルコンディションのスポーツケアとコンディショニング担当のトレーナーMasaです。

前回のブログでは、

岡崎市で主催させていただいているConnecTreatという勉強会の忘年会について書かせていただきました。

幹事会を最近行いました。

月に一度、幹事が集まって、

今後の方針や内容等を決める会です。

実際に直面したり、今ではネット上でミーティングを開いたりしています。

2009年9月より拠点を岡崎市とするセラピスト・トレーナーが集まって、勉強会を発足しました。

はじめは幹事の幼なじみ3人からスタートしました。

それぞれが同じ資格を持ちながらでも経験してきた専門分野が違うということで、

やってきた事柄をシェアして共有していこうということから始まりました。

これでConnecTreatも10年目を迎えます。

徐々にメンバーが増えて少しずつ勉強形態も進化し、ますます盛り上がっています。

 

僕は「自ら変えようとしないと健康状態は保てない。」

薬や医療に依存していては本当の健康は手に入らないと思っています。

本当に必要な方もたくさんいらっしゃいます。

しかし、これとは逆に必要最低限でよかったり、不必要な方もいらっしゃいます。

これは医療人のほとんどが感じている事だと思っています。

自ら動いて体力をつければ、

健康水準が向上したというケースはたくさんあります。

僕がこの夏に見てきた、夕張市のみなさんもその一例でした。

指導者が変われば関わるクライエントさんや患者さんも変わる。

クライエントさんや患者さんの思考が変われば、

周囲にいる家族も変わると思っています。

少しでも岡崎市から活動を広めていければという思いで、

10年間活動してきました。

”雨垂れ石を穿つ”

という言葉があるように、

微力だけど無力じゃないと思っています。

活動し続けることで、

実際に賛同し一緒に活動してくれるメンバーが増えてきました。

もう10年、がんばります!

どのようにチームとともに変わっていくか、

とても楽しみです!!

2018/12/11

岡崎でトレーナーとセラピストのセミナー【ConnecTreat】

メディカルコンディションのスポーツケアとコンディショニング担当のトレーナーMasaです。

岡崎市で主催させていただいているConnecTreatという勉強会があります。

ConnecTreatは理学療法士、柔道整復師、鍼灸マッサージ師の医療系から、

プロスポーツから実業団、学生チームに帯同するアスレティックトレーナーという職種、

またスポーツジムで活躍するフィットネスインストラクター等が集まって人の体について勉強します。

 

12月は勉強会ではなくConnecTreatのメンバーが集まって忘年会を行いました。

名古屋や静岡という遠くの地域からも集まってくださいました。

さまざまな身体にまつわる職種の方々が集まり、

話し合う事でもかなり刺激的で勉強になります。

指導者が学習し良いことを学べば、

患者さんやクライエントさんも良いサービスが受けられると思い込んでいます。

すると健康水準が向上し、人々の未来は明るくなるかと思っています。

そんな将来を見据えて活動していると、ボランティアですがやりがいがあります。

来年はもっともっと積極的に行動し広めていく所存です!

イェーイ!!

2018/12/08

スポーツの鍼治療について

メディカルコンディションのスポーツケアとコンディショニング担当のトレーナーMasaです。

今日は鍼の話です。

僕自身、鍼灸師でもありますが、

正直、学生時代から鍼を打たれるのは苦手です。

学生時代は鍼灸をお互いに施術し合いながら練習していきます。

 

鍼は病院でのMRIやレントゲン、CT等の画像診断でも異常が見つからない痛みでも、

不思議と取り除けることがあります。

特に局所の痛みにはとても効果を発揮する印象があります。

鎮痛薬のようなものがついているわけではないのに痛みが取れるのは、

鍼灸師ですがいまだに不思議に思う時があります。

下の写真にあるように、

従来使っていた短い日本鍼(左側)と、

長い中国鍼(右側)を使い分けています。

短い鍼は優しめの刺激で、

スポーツで打撲、肉離れ、捻挫直後の急性期の痛みや

指でここが痛いと示す事ができるような限局的な痛みに効果を発揮します。

 

長い鍼は腰椎椎間板ヘルニアや梨状筋症候群、仙腸関節障害のように、

坐骨神経痛等の神経からの痛みの場合はとても効果を発揮します。

先日もランナーの方で坐骨神経痛に対して鍼治療をほどこしました。

どうしても深い痛みや医学的によくわからない痛みに対しても効果的です。

上記の症状をお持ちの方で困っている方、ご相談くださいね。

2018/12/06

スポーツ選手にとって妨げになるのは”時間と迷い、そして痛み”

メディカルコンディションのスポーツケアとコンディショニング担当の安藤です。

先日、疲労骨折から復帰し、

クイーンズ駅伝で見事区間賞までとった選手が来院されました。

レースがあった仙台のお土産をいただきました。

ありがとうございました。

素晴らしい人柄の方で謙虚で人を思う気持ちはいつも感服します。

僕からは、ほんの気持ちを渡させていただきました。

本当におめでとうございます!!

さらなる高みを目指して、

共に競技力・パフォーマンス向上に勤めていきましょう!!

 

今回は12月9日のレースのためのコンディショニングをお願いされました。

すでに彼女は次のレースに対し、目標を定めています。

プロ選手は余念が無くさすがですね。

 

多くのスポーツ選手が競技力向上の妨げになる要因は、

”時間と迷い、そして痛み”

だと僕は思います。

この駅伝選手のように痛みがあれば、

MRIやレントゲン等では映らなくても何らかの原因があるはずです。

迷わず相談してみてください。

 

 

2018/12/04

格闘技世界大会

メディカルコンディションのスポーツケアとコンディショニング担当の安藤です。

今週末、格闘技の空道世界大会を観覧してきました。

K-1に出ている岡崎市在住の加藤久輝さんも空道出身で、

紹介していただき僕も入会しています。

 

世界というだけあって、

屈強な外国人ばかり。

特にロシアチームの体の大きさとスピードには驚かされました。

日本人選手も健闘していましたが、

格闘技大国というだけあってロシアチームは強かったですね。

今回、名古屋で世界大会が開催されるのは初めてのようで、

今後もこのように世界の舞台を生で見る機会があれば、

積極的に子供達と共に肌で感じていきたいと思います。

トレーナーとしてトップレベルのスポーツ選手を見るのも、

競技特性を知るのも大変勉強になりました。

2018/12/01

スピード復帰からの区間賞

 メディカルコンディションのケアとコンディショニング担当の安藤です。

パーソナルでサポートし続けている陸上長距離・駅伝選手がいます。

当初、6月に疲労骨折で来られていました。

アメリカ合宿が夏にあったのですが、

怪我のため参加できず。

コンディショニングと治療を繰り返しながら、

練習を徐々に開始。

動作分析の結果、

問題点としては、

歩いている時も体軸がぶれて左右差が現れるのと、

足回りが疲労のためか硬くなっていました。

体軸が安定すると体が軽くなり走りやすくなります。

 

そして、全力で走れるようになり、

走るスピードも徐々に向上。

”クイーンズ駅伝のレギュラーに選ばれました!!”と報告がありました。

クイーンズ駅伝に出場できるのは久しぶりとのこと。

疲労骨折からわずか半年も経たずに”区間賞”っていうのは驚きでした。

チームも8位から3位まで引き上げる活躍。

素晴らしい!!

まだまだ伸び代がある若い選手です。

今後はしっかりと安定感がある走りを目指せるように共に頑張っていきましょう!!

2018/11/29

クイーンズ駅伝2018

メディカルコンディションのケアとコンディショニング担当の安藤です。

始まりました。

クイーンズ駅伝2018!!

TBSで放送されています。

MCでサポート選手が出場しています。

駅伝をまじまじと見るのは初めてですね。

サポートしている選手が出ていると、

競技の見方も変わってきます。

トレーナーもなぜかどきどきしています。

頑張れN選手!

がんばれ地元企業!!

2018/11/28

マラソンとトライアスロンの選手

メディカルコンディションのケアとコンディショニング担当の安藤です。

寒くなってきました。

冬に近づくにつれて、陸上長距離シーズンに入ってきます。

MCでは 続々とクライエントさんの成果が出ています。

トライアスロンの女子選手では、

大阪マラソンに出場しサブスリーを達成しました。

そして自己ベスト記録。

この選手は最近、トライアスロンの国際大会でも3位に入るほど実力の持ち主です。

まだまだ試合があり伸び代がある選手なので、

今後も全力でサポートしていきます。

 

続いて、初めてマラソンに挑戦するランナーたち。

先週末、メディカルコンディションのある岡崎でマラソン大会がありました。

”第50会岡崎マラソン”

クライエントさんで大会に出場する選手は多かったですね。

岡崎マラソンはアップダウンが激しく、

走り続けるには過酷なコース設定になっています。

その中でも初めてマラソンにトライし、

完走を果たした挑戦者が二人います。

おめでとうございます。

ダイエットのためにも、

デトックスのためにも、

続けることで将来の健康への投資になります。

がんばっていきましょう!!

2018/11/25

駅伝トレーナーのセミナー

メディカルコンディションのケアとコンディショニング担当の安藤です。

2018年11月24日土曜日に、

主催させていただいているConnecTreatのセミナーを初めて浜松で開催しました。

今回の講師は東洋大学駅伝部のトレーナー、

赤塚元先生に講義をお願いしました。

整形外科勤務時代、僕の先輩でもあります。

今回の講義内容は、

現場でのトレーナーの立場、

監督やコーチとの関わり方、

選手からのニーズ、

駅伝や陸上長距離選手に多い障害発生パターンを講義していただきました。

また、腰椎椎間板ヘルニア選手へのアプローチ方法を実技を交えて教えていただきました。

大変、気持ちがアツくなる講義、素晴らしい学びをありがとうございました。

 

今回でコネクトリートの2018年下半期のセミナーは最後となります。

幹事のみなさん、お疲れ様です。

今年一年、ご協力ありがとうございました。

来年はますますパワーアップさせていきますよ!!

2018/11/22

筋力肥大はスポーツには直結しないが、効率がいい体の使い方はスポーツに直結する。

メディカルコンディションのケアとコンディショニング担当の安藤です。

先日、来られた海外帰りのアメフト選手がせっかく名古屋からきてくれたということもあり、

一緒に食事をしに行くことになりました。

そこにトレーニング担当のマッチトレーナーが合流しました。

となると恒例の腕相撲になります。

ここ最近、マッチトレーナーが腕相撲で負けたところは見た事がありません。

以前にもこのアメフトのShoichi選手にも勝っています。

アメリカのアスリートが集まる有名なEXOSというトレーニングジムで、

フリーウェイとやファンクショナルトレーニング・体幹トレーニングをこなし、

以前より一段と体の大きくなったShoichi選手。

向かうは競輪とソフトボールの国体選手だった横綱ばりの貫禄を出しているマッチトレーナー。

またもや、腕相撲をすることになりました。

 

結果は写真の通りですぐに決着がついてしまいました。

なんどもトライしても、条件をつけても結果は同じでした。

腕相撲は筋力だけじゃなく、

体軸、アライメント、技術、ポジションで決まります。

腕よりむしろ体軸が重要だったりします。

マッチトレーナーは元アスリートということと、

トレーニング担当のトレーナーということもあり体の使い方がとても上手です。

トレーニングをしていても上手に力が発揮できなかったり、

筋肉に効かすことをしてしまいがちです。

運動やスポーツでは筋肉に効かすような事はしないはずです。

本来、スポーツは筋力を使ったり大きくするよりも、

いかに身体をうまく効率的に動かす事できるかが重要です。

それができているかできていないかで、

競技能力は決まってきます。

また能力開発やパフォーマンスアップのアドバイスがとても上手なマッチトレーナー。

一度、腕相撲に自身がある方は挑んでみてください!!

 

2018/11/20

怪我からの復帰

メディカルコンディションのケアとコンディショニング担当の安藤です。

昨日、実業団駅伝のアスリートが来られました。

今週末、11月25日に宮城県仙台市で、

第38回全日本実業団対抗女子駅伝が開催されます。

その選手は参加資格を手に入れて喜んでいました。

 

その理由もそのはず。

6月には疲労骨折と足首の痛み。

最近は成績も不振で、レギュラー入りを果たせていませんでした。

来院当初は動作分析の結果、

姿勢と動作の崩れがあり、

歩いている時でも左右への体のブレがありました。

ブレは前への推進力への妨げになります。

その結果、下肢へのストレスが高まり疲労骨折を起こしているのだとわかりました。

このパターンだと休養して痛みを取るだけでは、

運動を始めるとまた再度痛みが繰り返し出ます。

トレーナーから処方したトレーニングやエクササイズはたくさんありました。

彼女は的確かつ忠実に行っていました。

医師の競技復帰への許可が出ると、

トントン拍子でパフォーマンスが向上し記録が伸びて行きました。

その結果、レギュラー入りを果たす事ができました。

苦しかったと思いますが、持ち前の負けん気と根性でよく頑張られたと思います。

本当におめでとう!!

名前は明かせませんが、これからも彼女のランニング人生を全力でサポートしていきます。

トレーナーはテレビで見守っています!!

11 / 12« 先頭...89101112